ブログ

G20大阪サミット2019

G20大阪サミット2019

2019年6月28~29日、日本が初めて議長国を務めた大阪開催のG20サミット(20か国地域首脳会議)は、G7メンバーの日本、米国、英国、フランス、ドイツなど7か国、ロシアやインド、サウジアラビアなど12か国、EUの20か国。そしてオランダ、シンガポール、スペイン、ベトナムなど8つの招待国が出席し、史上最大規模の首脳会議となりました。

大阪サミットでは、昨今問題視されている海洋プラスチックごみ(プラごみ)問題も、主要テーマの1つです。2050年までに新たな海洋プラごみ汚染をゼロとすることを目指す「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」を共有し、プラゴミ汚染の削減を目指すことでまとまり、法的な拘束力までの合意に至りませんでした。

今後、日本では海洋プラごみの問題をビジネスチャンスと捉えて新たな海洋汚染対策マーケットの創出が期待されています。

>>G20大阪サミットの詳細はコチラ

関連記事

  1. フロン機器からフロンが漏れています 稼働中の機器からフロンが漏れています
  2. 代替フロン85%削減で合意 代替フロン85%削減で合意
  3. 環境省・フロン法規制検討会<第1回>レポート
  4. パリ協定発効 11月4日パリ協定発効。脱炭素時代の幕開け
  5. 環境省が企業の環境対策情報開示に向け整備 環境省が環境対策情報開示を整備
  6. 9月はオゾン層保護対策推進月間 9月はオゾン層保護対策推進月間

News

  1. G20大阪サミット2019
  2. パリ協定発効
  3. 代替フロン85%削減で合意
  4. 9月はオゾン層保護対策推進月間

お気軽にお問合せください

PAGE TOP