ブログ

11月4日パリ協定発効。脱炭素時代の幕開け

パリ協定発効

2015年12月にCOP21で決まった地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」は、11月4日、13時より発効しました。197のすべての国・地域が参加し、脱炭素社会の実現に向けた新たな対策がスタートを切ります。
温暖化を引き起こす化石燃料から脱却し、大気中への温室効果ガス排出を今世紀後半に「実質ゼロ」にする“脱炭素社会”を目指します。フロン排出抑制法に関わる立入検査や規制範囲もより厳しくなると考えられます。

11月7~18日までモロッコで開かれる第22回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP22)の会期中は協定批准国による会議も開催され、協定に記された目標実現のためのルールづくりが始まります。

>>詳しくはコチラ

関連記事

  1. G20大阪サミット2019 G20大阪サミット2019
  2. 代替フロン85%削減で合意 代替フロン85%削減で合意
  3. 環境省・フロン法規制検討会<第1回>レポート
  4. フロン機器からフロンが漏れています 稼働中の機器からフロンが漏れています
  5. 環境省が企業の環境対策情報開示に向け整備 環境省が環境対策情報開示を整備
  6. 9月はオゾン層保護対策推進月間 9月はオゾン層保護対策推進月間

News

  1. G20大阪サミット2019
  2. パリ協定発効
  3. 代替フロン85%削減で合意
  4. 9月はオゾン層保護対策推進月間

お気軽にお問合せください

PAGE TOP