サービス案内

サービス案内

サービス概要

フロン排出抑制機構のサービス
一般社団法人フロン排出抑制機構では、
営利目的を主としない一般社団法人の立場として、業務用エアコンや冷凍・冷蔵庫などの機器を適切なコストで提供した上で、「安心」「安全」に点検・記録(保存)・報告の3つの取り組みをサポートします。
加えて、フロン機器の保守メンテナンス、修理・取替工事にも対応します。

点検サービス

1.準備
  • 社内で管理者を決め、管理するフロン機器の場所、数量、出力等を調査するためにリストを作ります。
  • 機器リストの中で、出力によって定期点検を年1回以上、3年に1回以上となる機器を確認します。
  • 点検実施に備え、機器ごとに点検記録簿を準備します。パソコンも可。
点検表・業務用エアコン室外機
業務用エアコン点検表・室外機
点検表・業務用エアコン室内機
業務用エアコン点検表・室内機
漏えい点検記録簿
冷媒漏えい点検記録簿
2.点検
  • 点検記録簿に基づいて、検査を実施します。
簡易点検
すべての第一種特定製品は、簡易点検が必要です。簡易点検は基本的に目視検査です。なお、点検は安全で容易に点検や目視ができる範囲です。
定期点検
定期検査では、7.5kW以上の機器は「冷媒フロン類取扱技術者」等の資格保持者が実施します。
定期点検の実施頻度
3.漏えい個所の修理
  • フロンの漏えいの疑いがあるときは、速やかに専門業者に点検を依頼し、調査および修理等を実施します。
    ※修理をしないでフロン類を充填することの原則禁止(繰り返し充填の原則禁止)
  • フロン排出抑制機構では全国規模で対応しますので、緊急を要する場合でも安心いただけます。
4.記録・保存
  • 機器の点検・修理や機器のフロン類の充填や回収等の機器整備に関する履歴を記録・保存が必須です。
  • フロン排出抑制機構では、フロン排出抑制法に基づく点検サービスを全メーカーの機器に対応しています。tenken-chart
5.算定漏えい量の報告
  • 1年間にフロン類をCO2換算値で1,000 CO2トン以上漏えいした場合は国へ報告する義務が生じます。
6.フロン類の回収
  • 機器を廃棄する際は、フロン類を回収した後、機器を廃棄します。
    ※記録は機器を廃棄するまで保存しなければなりません。
    ※フロン類の回収依頼時は、行程管理票(回収依頼書、引渡証明書等)を交付します

保守メンテナンス

「フロン排出抑制法」の対策として、お客様(管理者)がメーカーなどと結んでいる保守契約の中で、 カバーされていない項目を、フロン排出抑制機構が適切な費用で対応します。
次のとおり全国各地にて対応します。

フロン排出抑制機構のサポート範囲

サービス体制

全国で点検サービスを請負うために、提携企業と協力体制を整備しています。
また点検作業員を継続的に指導、教育することで、質の高い作業員を増やし、 お客様から安心して任せられるように努めています。
◆ 全国各地での点検サービスのサポート
◆ 点検作業員の研修・指導
◆ 点検報告書の作成・管理

LED照明・空調機器 レンタル事業

フロン排出抑制機構では、LED照明や空調機器の買取型レンタル事業を開始致しました。
従来のクレジットでもリースでもない、初期費用0円型の新しいサービスを提案致します。
機器交換や導入をお考えのお客様は当機構へご相談下さい。

電話のお問合せ 0120-51-8822

Eメールでのお問合せは  コチラ

News

  1. パリ協定発効
  2. 代替フロン85%削減で合意
  3. 9月はオゾン層保護対策推進月間
  4. 環境省が企業の環境対策情報開示に向け整備
PAGE TOP