ブログ

稼働中の機器からフロンが漏れています

フロン機器からフロンが漏れています

クルマをはじめとする機械・機器は使用頻度や経過年数とともに、点検・整備が必要です。稼働しているフロン機器も、フロンが大気中に漏えいしています。

次のとおり、経済産業省が2009年に実施した調査(26万台の機器を対象とするサンプル調査)の結果、ほぼ全種類の機器で、フロンの漏えいが判明しています。例えば、別置型ショーケースの場合、平均的には6年程度で冷媒全量が漏えいしている計算です。

機種 稼働台数 漏えい割合
小型冷凍冷蔵機器
(内蔵型業務用冷蔵庫等)
約760万台 2%
別置型ショーケース 約140万台 16%
その他中型冷凍冷蔵機器
(除く別置型冷凍冷蔵ショーケース
約130万台 13~17%
大型冷凍機 約0.8万台 7~12%
ビル用PAC 約100万台 3.5%
その他業務用空調機器 約950万台 3~5%
家庭用エアコン 約1億台 2%

出典:経済産業省「冷凍空調機器の冷媒管理のための政策のあり方について」(平成24年9月24日)より抜粋

機器の効率アップ、節電対策を図る上でも、点検や保守メンテナンス・整備をとおして、燃費効率向上などに取り組まなければなりません。

関連記事

  1. 環境省・フロン法規制検討会<第1回>レポート
  2. 環境省が企業の環境対策情報開示に向け整備 環境省が環境対策情報開示を整備
  3. 9月はオゾン層保護対策推進月間 9月はオゾン層保護対策推進月間
  4. パリ協定発効 11月4日パリ協定発効。脱炭素時代の幕開け
  5. 代替フロン85%削減で合意 代替フロン85%削減で合意

News

  1. パリ協定発効
  2. 代替フロン85%削減で合意
  3. 9月はオゾン層保護対策推進月間
  4. 環境省が企業の環境対策情報開示に向け整備

お気軽にお問合せください

PAGE TOP