早わかりフロン排出抑制法の対策

定期点検費用

点検費用 -2定期点検の費用

点検業務では、機器点検と間接法による点検の2つを実施します。
定期点検は有資格者(冷媒フロン類取扱技術者)が実施しなければなりません。
当費用は、業務用エアコン7.5~15kwまでの費用です。15.1kw以上の業務用エアコン、7.5kw以上の冷凍・冷蔵庫やチリングユニット等の場合は、製造メーカーへ型式を確認の上、お知らせください。別途お見積りします。
なお、初回のみ点検記録簿作成費 @3,000/台が必要です。
注)上記金額はすべて税別です。
注)費用は、設置場所(住所)ごとの算出となります。
注)点検費用に加え出張料・諸経費等が別途必要になります。
注)点検業務が次の条件の場合は別途費用がかかります。
・室内機の設置が天井高4m以上、特殊車両が必要な時、夜間や深夜、日祝日の作業

>>点検費用の詳細はコチラ

早わかりフロン法対策

  1. フロン法の罰則
    フロン法の罰則

    フロン排出抑制法は2015年4月に施行され、地球温暖化を防止するために点検などが義務化され、違反すると罰則が科せられます。

  2. 定期点検費用
    点検費用 -2

    定期点検では、製造メーカーに比べて適切な費用となっています。出力規格が7.5kw以上の機器は有資格者が実施します。

  3. 簡易点検費用
    点検費用 -1

    フロン排出抑制機構の簡易点検の費用です。シンプルな費用の設定となっています。

  4. 簡易点検の手引き
    簡易点検の手引き

    JARAC発行の簡易点検の手引書です。フロン機器の業務用エアコンや業務用冷凍・冷蔵庫について、具体的に案内しています。

  5. フロン排出抑制法ガイド
    フロン排出抑制法ガイド

    「フロン排出抑制法」におけるフロン機器管理者(所有者)について分かりやすく説明しています。

PAGE TOP