torikumi

フロン対策の3つの取り組み

3つの取り組みでは、簡易点検は、すべての業務用機器を3か月に1回以上目視点検。定期点検は出力容量によって年1回以上、3年に1回以上を有資格者が点検。記録は、対象フロン機器を廃棄するまですべての記録を保存。報告は、フロン漏えい量が1000CO2トン以上の場合は報告する義務があります。

News

  1. パリ協定発効
  2. 代替フロン85%削減で合意
  3. 9月はオゾン層保護対策推進月間
  4. 環境省が企業の環境対策情報開示に向け整備
PAGE TOP